欧州における容器包装廃棄と電気電子廃棄物(WEEE)


ドイツにおいて容器・包装材を製品とともに流通させる企業は、容器包装令(容器包装廃棄物の回避および再利用のための法規命令)に基づき使用済みの容器・包装材を回収し、リサイクルするよう義務づけられています。この法的義務の遵守(コンプライアンス)を満たすために、該当する企業はデュアルシステム*に参加することが義務づけされています。また、電気電子機廃棄物やバッテリーについても、企業が責任をもって回収し、リサイクルすることが義務づけられています。

日本企業にとっても、ドイツや他の欧州諸国において容器・包装材を製品とともに流通させる場合は、現地法人や代理店などを通じて欧州各国の法規制に適応した形で届け出と容器包装リサイクル費用を負担することが義務づけられています。しかしながら、欧州加盟28ヶ国において、それぞれ3つの廃棄物関連法(容器包装、電気電子機器、電池)、合計84の異なる法規制・コンプライアンスを把握・管理することは企業にとって大きなコスト負担となっています。

在日ドイツ商工会議所は2017年1月から正式にドイツのデュアルシステムを提供している会社の1つであるLANDBELL(ランドベル)社の代理業務を行っています。ランドベル社は、独立系企業として、包装廃棄物の把握、選別、再利用まで一貫したサービスを提供しています。そして、2014年にERP(ヨーロピアン・リサイクル・プラットホーム)がランドベル・グループに加わり、電気電子廃棄物と電池のリサイクル・サービスを統合することによって、総合的なサービスを展開できるようになりました。現在、日本をはじめ海外の企業についても、トルコとイスラエルを加えた30ヶ国を対象とする包括した廃棄物処理サービスをワンストップで提供できるようになりました。

在日ドイツ商工会議所とランドベル社の提携によってもたらされるメリットは以下の通り。

• すべての産業における容器包装・電気電子・電池廃棄物に関するワンストップサービス

• 安価で質の高いサービス

• 長期的な価格保障

• プロフェッショナルな製品の回収・リサイクル業務

• 透明性の高いコスト計算

• コンプライアンスに関する証明

欧州との取引、及び流通している容器包装が少量の場合は、EASy-SHOPが便利です。最先端のオンライン・システムによって簡単に、安価に容器包装の廃棄とリサイクルについて把握することができます。


デュアルシステム*: 自治体による容器廃棄物の収集・処理ルートと平行して、ドイツの循環経済法に基づいて民間による収集・リサイクル・ルートが共存しているシステム。

コンタクト


長谷川 平和 
シニア コンサルタント

DEinternational
在日ドイツ商工会議所

〒102-0075 東京都千代田区三番町2-4三番町KSビル5階
Tel.: 03-5276-8824
Fax: 03-5276-8733
E-Mail: hhasegawa(at)dihkj.or.jp